わたしたちの想い

新しい香る珈琲が、京都からやってきた。貴方の日々を、豊かに、はんなりとするために。

私たちのお届けする、「焙煎したての珈琲」は、まるで香りの魔法。
日々の心を癒す、ある時はインスパイアする。本物の珈琲豆を使いながらも、気取らないもの。

日本では、流通や商流の関係から、実は「焙煎したての珈琲」はまだ一般的ではありません。その焙煎し立ての珈琲のひとつひとつには、生豆の状態から持つ、ナチュラルなフレーバーが香る。

それぞれ異なる香りのイメージを、百人一首の歌に乗せて、貴方にお届け。そんな雅なアイテムとしても、楽しんでいただきたい。京都から「新しく香る珈琲文化」を発信する。
それが「mani mani」のコンセプトです。

マニフェスト1

スペシャルな香りの珈琲豆だけを。

京都の文化は、本物以外を認めません。だから私たちは、産地・精製・農園などにこだわり、主に「スペシャルティ」と呼ばれる、世界中から香りに特長のある珈琲の「生豆」を集めます。
イエメン、エチオピアなどの有名な産地はもちろん、ウガンダ、インド、東ティモール、ケニア、ニカラグア。

農園まで特定された最高級の品質のものを数多く扱い、加えて有機栽培されたもの、カフェインレスのもの、健康に気遣うものも多くご用意します。

日本でもまだ5%しか流通していない、その希少な生豆が持つ天然のフレイバーを焙煎により最大に引き出した、特別な珈琲豆をお届けします。

マニフェスト2

「焙煎したて」の、香り豊かな珈琲をお届けします。

「焙煎したての珈琲」と、「そうでないもの」は、まるで、「しいたけ」と「まつたけ」ほどに違います。しかし、市場に多く流通する珈琲豆は焙煎後、およそ2~4週間。実は珈琲の香りの魅力は、10日間で、既に失われています。

だから、私たちは珈琲豆の鮮度にこだわり、オーダいただいてからの、「焙煎したての珈琲」をお届けします。それらは、私たちが開発した焙煎機だから出来る。香りにこだわった珈琲の焙煎プログラムを100種類以上搭載し、最新鋭の熱風式、珈琲焙煎機「NOVO MARKⅡ」では、小量から自動焙煎が可能。

大手の工場では真似出来ない、焙煎職人の技をプログラム化して煎り立ての珈琲を安定して、ベストプライスでお届けすることにいたしました。

マニフェスト3

お気軽に。そしてオシャレに。

焙煎したての珈琲は、
こだわりの自家焙煎の喫茶店で飲むものと思われがち。

ですが、玄人目線で語られた「珈琲のうんちく」から離れて、お気軽に家で、あるいはオシャレに楽しんでいただけるようにしたい。

そのためカンタンに味わえる珈琲のキットもご用意し、日々の様々なシーンに、その香りをお届けいたします。